定期サポートをご契約いただいているお客様に訪問したところ「そういえばこの前…」とご相談が。
Wordで入力した文字を、右へ移動させようと行頭にカーソルを入れてスペースキーを押したところ、文字が消えてしまったとの事。
Word挿入モード
この図でいうと、まず1の状態にしておいて、2のようにしたかったのに、3となってしまった、という事ですね。
実際に操作していただくと、問題なく2のようになったのですが…。
この原因は、ステータスバーで確認ができる部分にあります。
赤い矢印の先を見ていただくと「上書きモード」となっていると思います。
通常、ここは「挿入モード」になっているのですが、何かの拍子にキーボードの「Insert」キーを押してしまうと、ここが「上書きモード」「挿入モード」とその都度切り替わります。
挿入モードになっていれば、文字入力がされた場合、カーソルのある位置に文字が挿入され、以降の文字は右にずれていきますが、
上書きモードの場合には入力された文字で今ある文字が上書きされてしまいます。
Insertキーは大抵、Deleteキーのそばに配置されていますので、うっかり間違えて押してしまうとこのような状況が起きてしまいます。
ちなみに、今回はWordで起きた出来事ですが、他のソフトを使っていても同じようになりますのでご注意を。
パソコン初心者のうちはあまりステータスバー(各ウインドウの一番下の部分)までなかなか目が行かないですが、
その時の状態を知らせてくれる重要なエリアになりますので、
時々確認して「通常の状態」というのを知っておくと問題解決の役に立ちますよ♪
9月28日(金)11:00~17:00まで、所沢市・西武球場駅前の洋食カフェ岳様にて、無料パソコン相談会を開催いたします。
http://www.wans-one.com/archives/231/
上記のような、「そういえばこの前…」といったようなちょっとしたご質問でも結構です。
無料ですからお茶飲みがてら、お気軽にお越しくださいね!
駅から徒歩1分ですし、駐車場もございます。
じっくり時間を気にせずに相談したいという方は、ご予約も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
パソコン出張サポートワンズ・ワンHPへ
人気ブログランキングへ